ルネスタを安全に通販購入

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

ルネスタに規制が入る前に購入しておきましょう!

ルネスタとは?
ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系に属する即効性が特徴の睡眠薬です。

 

1989年から発売されているアモバンを改良して作られた睡眠薬で、アモバンの有効成分ゾピクロンは、2つのS体とR体という物質が左右対称に合成されて作られています。

 

長年販売され続けているアモバンの睡眠効果はとても良いのですが、副作用として強い苦味があるという部分がネックになっていました。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

そこで、アモバンを改良できないかと注目されたのがゾピクロンの構造で、2つの物質であるS体とR体です。

 

まず、S体の特徴は強い催眠効果があり、苦味も少ない部分です。それに対して、R体は睡眠効果は少ないが、苦味が強い部分です。

 

アモバンの有効成分ゾピクロンから、S体だけを切り離した物質がエスゾピクロンです。

 

その為、エスゾピクロンを配合し、2012年に発売されたルネスタはアモバンの改良版と言われ、強い睡眠効果を高め、副作用や苦味を改善する事が出来た睡眠薬です。

 

 

ルネスタの特徴
ルネスタの特徴は、超短時間作用型の睡眠薬で、服用後に効果が出るまでの即効性に関して睡眠薬の中でも最も早いタイプです。

 

ルネスタは、服用後30分程度で効果が表れ、そして、服用後約50分程度で血中濃度が最高値に達するので、特に寝つきが悪いタイプの睡眠障害をお持ちの方に効果を発揮します。その後、4時間程度で睡眠効果は低下していきます。

 

ルネスタの有効成分エスゾピクロンは、20年以上前から販売されているアモバンの有効成分ゾピクロンを改良して作られました。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

その為、アモバンと比較すると、作用時間を延ばし、副作用も軽減されています。その中でも、最大の問題点であった苦味を軽減された事で、アモバンよりもかなり使いやすくなっています。

 

日本で睡眠障害を改善する睡眠薬は5種類ありますが、そのなかで日本で主流になっている睡眠薬は、2種類あります。

 

先に開発されていたベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、中枢神経に作用する事で味覚異常やだるさなどの副作用に対する問題点がありました。

 

それらの問題点を改善して作られたのが、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

 

ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に分類されますが、その中でも副作用や依存性の問題など抑えられた、比較的安全性の高い睡眠薬となっています。

 

 

>>1錠72円でルネスタを購入するならこちら<<

ルネスタの市販と通販購入のメリット

ルネスタは薬局で市販している?
薬局で市販している睡眠薬は、効果の弱いものしか問扱いが出来ません。その為、薬局でルネスタは市販されていないのです。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

日本でルネスタを購入する方法は、医師による診察を受け処方せんを出して頂くか、通販で購入するかの2つの方法しかありません。

 

その為、ルネスタを通販を利用して購入される方が増えています。

 

 

ルネスタは通販で購入するのがお得?通販を利用するメリット
ルネスタを通販を利用して購入されている方が増えています。それでは、通販でルネスタを購入するメリットをまとめてみました。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

来院不要・処方せん不要で購入できる

通常、ルネスタを購入するには、病院へ行き医師の診察を受ける必要があります。その後、医師に処方せんを書いてもらい調剤薬局で購入する事が出来ます。

 

その為、「仕事が忙しく、病院があいている時間に通えない。」「一度で処方して貰える量に限りがある為、何度も病院に行く時間を作ることが出来ない。」など、忙しい現代人に使い勝手がとても良いというメリットがあります。

 

自宅にいながらインターネットを利用した通販でルネスタを購入しているのです。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

お薬代の節約になる

ルネスタの2mgを処方して貰って購入する場合、1錠あたりの薬価は80.9円となります。

 

この他に、初診料、診察料、処方料といった様々な費用が追加されていきます。

 

通販でルネスタを購入する事で、1錠あたりの価格を約72円まで抑える事ができ、その他の初診料、診察料、処方料といった費用はかかりません。

 

通販でルネスタを購入すると、お薬代の節約といったメリットもあるのです。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

プライバシー厳守で購入出来る

通販を利用してルネスタを購入した場合には、プライバシー厳守で購入する事が可能です。

 

発送してもらう荷物にはもちろん商品名などの記載はない為、中身を見るまではわかりません。

 

また、クレジットカードや銀行振込を利用して支払いをしても、何を購入したかどうかはわからないようになっているのです。

 

どうしても、ご自宅で荷物を受け取りたくない方は、お好きな郵便局を指定して自分で荷物を受取りに行く、郵便局留めも利用可能です。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

上手な通販サイトの活用方法
通販で購入した場合、医師の処方せん不要で購入できる為、安全性に不安を感じる方も少なくないかもしれません。そこで、安全性も高く上手な通販サイトの利用方法をご紹介致します。

 

最初の1回目は、病院へ行き診察をキチンと受けてルネスタを処方してもらいます。

 

この時は、初診料、診察料、処方料、お薬代と費用はかかりますが、実際に医師や薬剤師に正しい使用方法などを確認して安全性を高めるのです。

 

その後、次回以降の使用分に関しては、通販サイトを利用してルネスタを購入します。

 

また、不安がある方は、定期的に病院を利用し、正しくルネスタを使用できているか確認することで、安全性も高いままお薬代を節約してルネスタを購入する事も可能です。

 

>>1錠72円でルネスタを購入するならこちら<<

ルネスタの効果と服用方法

ルネスタの作用と効果

ルネスタの効果持続時間

ルネスタは「超短時間作用型」睡眠薬に分類されますが、睡眠薬の効果持続時間は下記にわけられます。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

睡眠薬の効果持続時間を目安にするには、血中最高濃度時が効果が一番高い時でそこから緩やかに低下し、半減期と言われる血中濃度が半分にまで低下する時間を参考にします。

 

●超短時間作用型 半減期: 2時間~4時間程度
●短時間型作用型 半減期: 6時間~10時間程度
●中時間型作用型 半減期:12時間~24時間程度
●長時間型作用型 半減期:24時間以上

 

ルネスタと他の睡眠薬の効果持続時間比較

睡眠薬には様々なタイプがありますが、よく使用される睡眠薬の効果持続時間を比較してみましょう。最高濃度が睡眠薬の効果が現れる時間の速さです。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

ルネスタ
最高濃度  :約0.8~1.5時間
効果持続時間:約5時間
アモバン
最高濃度  :約0.8~1.2時間
効果持続時間:約4時間
マイスリー
最高濃度  :約0.7~0.9時間
効果持続時間:約2時間
ハルシオン
最高濃度  :約1.2時間
効果持続時間:約3時間
レンドルミン
最高濃度  :約1.5時間
効果持続時間:約7時間
リスミー

最高濃度  :約3時間
効果持続時間:約8~13時間
デパス
最高濃度  :約3時間
効果持続時間:約6時間
サイレース・ロヒプノール
最高濃度  :約1.0~1.6時間
効果持続時間:約7時間
ロラメット・エバミール
最高濃度  :約1~2時間
効果持続時間:約10時間
ユーロジン
最高濃度  :約5時間
効果持続時間:約24時間
ダルメート・ベジノール
最高濃度  :約1~8時間

効果持続時間:約14~42時間

 

睡眠薬には様々なタイプがあり、自分の睡眠障害に有ったタイプの睡眠薬を使用しましょう。

 

ルネスタは、即効性が高く効果持続時間も短い為、すぐに寝付けて効果も早く抜ける為、安全性の高い睡眠薬として多く使用されています。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

ルネスタの効果の強さは?
睡眠薬全体では、効果の強さの違いはそれほど大きくない為、ルネスタ自体の強さを測るのであれば中程度です。

 

睡眠薬は、その効果持続時間を目安にして、自分にあった睡眠薬を使い分けます。

 

副作用や依存度など、様々な問題もあるので、比較的安全性の高い睡眠薬であるルネスタが人気の理由です。

 

ルネスタが合っているタイプ
大きく分けると、睡眠障害は入眠障害と中途覚醒の2種類にわけられます。

 

寝付きが悪いタイプを入眠障害と言いますが、ルネスタが合っているのはこのタイプです。

 

一度寝てしまえば目は覚めないのですが、布団に入っても中々寝付けず辛いといった方に合っています。

 

中途覚醒は寝ている途中で目が覚めてしまうタイプです。

 

長時間ぐっすり寝たい方には、ルネスタよりも別タイプの睡眠薬が良いですが、中時間作用型や長時間作用型の睡眠薬では、朝起きる時間になっても効果が続いてしまってスッキリした目覚めが出来ないといった方にルネスタは合っています。

 

寝ても1時間~2時間程度の早い時間で目が覚めてしまう方でも、ルネスタの効果は5時間程度続きますので有効です。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

ルネスタの服用方法
水又はぬるま湯で適量を服用して下さい。

 

ルネスタを服用すると、約20分程度で眠気が出てきます。ルネスタを服用する場合は、必ずお布団に入る直前に服用して下さい。

 

服用した後に何か別の行動を取った場合、行動している最中にルネスタが作用し、ふらついたり転倒したりといった原因にもなるので注意が必要です。

 

また「健忘」と呼ばれる、意識が既に無い状態で行動を取ってしまう場合があります。

 

健忘が起こると、無意識の状態で食事をしていたり、家族と話をしていたりしますが、目覚めた時には覚えていないといった状態が起こります。

 

必ずお布団に入る直前でルネスタを服用しましょう。

 

>>1錠72円でルネスタを購入するならこちら<<

ルネスタの副作用

ルネスタの副作用
比較的安全性の高い睡眠薬と言われているルネスタですが、それでもお薬の為副作用があります。

 

ルネスタを服用する事で現れる副作用とその対処法を解説していきます。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

眠気

効果と副作用は表裏一体で、メリットとして現れる作用が効果となりデメリットとして現れる作用が副作用となってしまうのです。

 

その為、意図していない時に効果が出てしまう眠気も、副作用に入ってしまうのです。

 

睡眠薬の効果を日中までひっぱってしまうことを、「ハングオーバー(hang over)」と言います。脳が、眠気・だるさ・ふらつき・集中力の低下などを引き起こしてぼーっとしてしまう状態です。

 

夜にこの状態が起こればそのまま寝れるのですが、会社に行く時間になっても効果が続いていたり、日中の仕事中に起こったりする可能性があります。

 

ルネスタは、超短時間作用型の睡眠薬で効果持続時間が約5時間なので、比較的こういったハングオーバーが起こるケースは少ないです。

 

中時間作用型や長時間作用型の睡眠薬によく起こる副作用です。

 

1日の睡眠時間が5時間よりも短い方や、薬の代謝が遅く長く効果が続いてしまう方に、起こる可能性が高い副作用です。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

眠気の対処法

ルネスタの副作用として眠気が起きていると言うことは、睡眠時間が不足している可能性が高いです。その為、対処法としては、睡眠時間を1時間~2時間程度増やしてみましょう。

 

もう一つは、ルネスタの効果持続時間を短くする為に、成分量を減らしたり、錠剤を半分に割ったりするなど飲む量を減らしてみるとった対処法です。

 

多少ですが、効果持続時間が短くなるので、睡眠時間を延ばしたり出来ない方向けです。但し、その分睡眠効果も低下するので、注意が必要です。

 

また、睡眠薬の効果持続時間を短いものへ切り換えるという対処法もあります。但し、睡眠薬によっては副作用等も変わってしまい、相性もあるので注意が必要です。

 

耐性・依存性形成

睡眠薬にある副作用の問題点が、この「耐性」と「依存性」です。

 

耐性とは、続けて使用していくにつれて、効かなくなってくる事です。体が薬に対して慣れてしまうようなものですね。

 

お酒がわかりやすいですが、最初はすぐに酔っ払っても、毎日飲むようになってくると、お酒に強くなってきて酔いにくくなりますが、これもアルコールに対して耐性が出来ているからです。

 

依存性は、繰り返し使用する事で次第に意思とは関係なく、欲してしまうようになってしまうことです。

 

これもお酒がわかりやすいですが、依存性が高まるとアルコールを欲するようになってしまい、無くてはならないものとなってしまいます。

 

ベンゾジアゼピン系と比較した場合、非ベンゾジアゼピン系は耐性や依存を引き起こしにくくなっていますが、起きる可能性がある為、注意必要です。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

耐性・依存性の対処法

お酒に比べれば耐性や依存性はルネスタの方が軽いですが、だからといってどんどん飲む量を増量してしまうと、耐性と依存性を強くしてしまう原因となります。

 

また、お酒で睡眠薬を飲むのは危険なのでやめましょう。これも、耐性と依存性を強めてしまう原因です。また、睡眠薬のルネスタは、長期間続けて使用するお薬ではありません。

 

不眠を解消し、徐々にルネスタを飲む回数や量を減らしていき、最終的にはルネスタを服用せずに通常の睡眠が取れるようにする目的として、一時的にしようするお薬です。

 

必ず用法と用量を守ってルネスタを服用しましょう。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

意識のもうろう状態や、一過性前向性健忘

睡眠薬を服用した後、目が覚めた時に記憶がない状態で、行動をしている場合があります。

 

これは、睡眠薬の作用によって、脳が中途半端に寝てしまっている状態で、意識のもうろうとした状態や、一過性前向性健忘を引き起こしてしまうのです。

 

ルネスタではこういった事は起こりにくいですが、睡眠薬の中でも超短時間作用型は、急激に作用する事から起こりやすく、多量の睡眠薬を服用している場合も起こりやすくなっています。

 

意識のもうろう状態や、一過性前向性健忘の対処法

これは、睡眠薬の副作用で起こったことなので、睡眠薬自体を変更したり、量を調節したりといった対処が必要です。

 

自分では記憶に無いのでわかりませんが、家族など回りの方が異変に気づいた時は、放置せずに対処することが必要です。

睡眠薬と睡眠導入剤の違い

睡眠薬と睡眠導入剤の違い
睡眠障害を改善するお薬の事を、睡眠薬や睡眠導入剤といった呼び方で呼ばれていますが、その違いはなんでしょうか。

 

実は、睡眠薬も睡眠導入剤も同じような効果な為、どちらも同じ意味として使用されています。

 

その中でも、細かく分類していくと、睡眠薬は薬の効果で眠くなるお薬全般の事を指しますが、睡眠導入剤は特に寝付きの悪い方に合っている、スムーズに寝付けるようにするお薬を指します。

 

また、睡眠導入剤に分類する明確な境界線が引かれているわけでは有りません。

 

その為、睡眠薬全てを睡眠導入剤と呼んだり、独自の境界線を引かれているケースも有り、医師によってもバラバラなので、睡眠薬と睡眠導入剤は同じ意味として扱われいるのです。

 

寝付きを良くする睡眠薬を睡眠導入剤と分類するのであれば、ルネスタのような短時間作用型や超短時間作用型の睡眠薬が、睡眠導入剤にあたるでしょう。

 

これは、服用後に血中濃度が最高値に達する時間が短い睡眠薬で、いわゆる即効性の高い睡眠薬です。