睡眠の仕組み(メカニズム)

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

ルネスタに規制が入る前に購入しておきましょう!

睡眠の仕組み(メカニズム)

睡眠の仕組み(メカニズム)
睡眠中は、大きく別けて2つの睡眠状態があります。深い眠りにあたり、脳が休んでいる状態が「ノンレム睡眠」とよばれる状態です。

 

反対に、体が深く眠っている状態で、脳は浅い眠りになっているのが、「レム睡眠」と呼ばれる状態です。

 

この、ノンレム睡眠→レム睡眠の1セットが約90分サイクルで行なわれ、一晩にこれを数回くり返しています。

 

それでは、ノンレム睡眠とレム睡眠の特徴をご説明していきましょう。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

ノンレム睡眠

まず、眠りに入ると直ぐに入る状態がノンレム睡眠で、居眠りなどした時もこの状態になります。脳が疲れていて睡眠を求めている時には、10分程度でも眠ることで脳がお休みできるので、スッキリするのはこの為です。

 

入眠するとノンレム睡眠となり、徐々に深い眠りへ落ちていきます。深い眠りのピークを過ぎると徐々に眠りが浅くなり、レム睡眠へと移行していきます。

 

ノンレム睡眠では、脳がお休みしている状態となり、眠りが深くなるにつれて呼吸回数や脈拍回数が減ってくるといった特徴があります。

 

ノンレム睡眠中は脳が休んでいる状態なので、殆ど夢を見ない状態となり、この時に目が覚めると、ぼーっとして頭が働かない状態となりやすくなります。

 

寝起きがどうしても悪い方は、目覚めるタイミングがノンレム睡眠のときかもしれません。目覚めのタイミングを少しずらすのも良い方法です。

 

レム睡眠

レム睡眠へと移行すると、脳の眠りは浅くなり、反対に体が深い眠りへと落ちており休んでいる状態となります。

 

また、脳が浅い眠りの状態であるレム睡眠では、夢を見やすくなっています。このレム睡眠のタイミングは脳が浅い眠りのため、目覚めがスッキリとし、寝起きが良い状態となります。

 

睡眠時間を90分サイクルで計算し、レム睡眠のタイミングで起きることで、スッキリとした良い目覚めとなります。

 

ルネスタTOPへ